Training day “世界に目を向けて!” 報告書

開催日:2008/3/29、30 @東邦大学

今回のTraining dayは超豪華トレーナー!! I-Jで大活躍されてきたOB/OGさんが集まり、これまでの経験をIFMSA現役生に伝えてくれる場として開催してくれました☆ 特に、海外で更なる経験を積めるようなトレーニングを中心に扱っていただきました。

海外で活躍できる素質は持っているのに、きっかけや方法を知らなくてチャンスを逃しているIFMSA現役生も多いのではないか、というOB/OGさんの心遣いから、このトレーニングが開催されました。後輩思いの先輩方に感謝です!!

IFMSAで貢献されてきたOB/OGさんの言葉は本当に重みがあり、とても学びの多い時間となりました。 今後も、このようにIFMSAでの経験・スキルを次の代に伝えていける場を持っていけたら、というのが皆の感想です★

<<1日目(29日)>>

午前からはじまった第一日目は盛り沢山な内容でした。その中からいくつかご紹介します。

塩田勉さん(VPE 06/07,etc)からは「海外と関わるきっかけの場(chance)」etcを伝授してもらいました。幅広い場を飛び回ってきたツトムさん、本当に様々な海外へのアプローチ方法を伝えてくださいました。

阿部計大さん(I-J President 06/07, Asia-Pacific Regional Meeting IOC Chair 06/08)からは、「海外で活動していくために大切なチカラ」「リーダーシップ&マネジメント(チームワークupのために)」etcを伝えていただきました。少しポイントを披露すると、

『海外での活動で最低限必要な2つのチカラ(1)基礎体力&精神力、(2)基本的姿勢;プラス思考、バランス感覚、信条、努力、割り切った考え方』 

『リーダーは目的への道を明確に示す!マネージャーはメンバーが道をしっかり進めるようサポートする!』

 加藤佳子さん(IFMSA Regional Assistant on SCORA 06/07, Asia-Pacific Regional Meeting IOC Chair 06/08)は「国際会議の楽しみ方と運営」etcについて。YoCさんは楽しい画像と冗談をまじえた喋りで、本当にプレゼンが上手!!更に、内容もGAやAPRMで海外の人たちとコミュニケーションを楽しむ方法を、ケースを挙げながら教えてくださり、本当にためになりました★例えば、『APRM初参加で英会話に自信がなかったら・・・名刺を持っていく!まず日本人の友達を作る!積極的に挨拶!etc』

 渡部明人さん(IFMSA公式トレーナー、Publications support division director 04/05, APRcoordinator 05/06, Supervising Council member 06/08,etc)からは、「英語履歴書、モチベーションレター、推薦状の作成法」「戦略的キャリアプランニング」etcについて。明人さんの英語履歴書etcの作成法を直々に学べたのは本当に貴重でした!キャリアプランニングでは「SWOT自己分析→大まかなゴールをたてる→個々の目標をたてる→個々の目標のスケジュールをたてる」ことをしました。尊敬するOB/OGさんがアドバイスをしてくださり、とても充実したプランニング時間となりました。

 また、現役のtraining officeからも「プロジェクトマネジメント」をテーマに時間をいただきました。プロジェクトの基本と、プロジェクトのはじめから終わりまでを体験(数人ずつプロジェクトを仮想してもらう形式)してもらいました。I-Jtrainingの基本でありながらなかなか慣れないプロジェクトマネジメントですが、OB/OGさんの経験・知識のおかげで楽しく進めることができました。

<<2日目(30日)>>

 2日目は午前を使って、1日目のダイジェスト版と田中豪人さん(IFMSA公式トレーナー、ACTION Project coordinator 06/07, Regional Assistant on SCORP 07/08)による「マネージャーのお仕事」をトレーニング。プロジェクトマネージャーのある一日の披露や、マネージャーの役割(特に人間関係で葛藤が起こった場合)をケーススタディ方式で楽しく学べる時間となりました★


第2回 Staff Meeting 報告書


今年度第2回目となるスタッフミーティングは東邦大学で行われました。今回のスタッフミーティングも北海道から中国まで全国からスタッフが集まりました。

自己紹介の後、各委員会(exchange、SCOPH、SCORA、SCORP、内務・外務、トレーニング)に分かれて今まで行ったイベントやプロジェクトの反省、またこれからのイベントや5、6月に行われる新歓でのワークショップの話し合いを行いました。また、新スタッフに対してはリーフレットを使ってIFMSA-Japanについて説明したり、興味のある委員会を回ってもらいました。今回は各委員会でのミーティングの時間を長くとることができたので、いつもよりも深く様々な内容について話し合うことができたと思います。

クロージングでは3月にメキシコ・モントレーで行われた春の世界総会、またSCOPHのプロジェクトであるAfrica Village Projectの報告会を行いました。両方とも実際に行ってきたメンバーが発表をし、写真も数多く盛り込まれていたので現地での様子が伝わってきました。

次回のスタッフミーティングは7月5日(土)に行われる予定です。